ブログトップ

Katieのしあわせレシピ

katie1121.exblog.jp

ヨックモックの思い出

d0160783_15111450.jpg


実家に行ってきました。
我が家から1時間ちょっと・・・。
近いから帰省とは言いませんね。

今日の手土産はブロートヒェンとヨックモック。
一緒に行った娘が大好きで『これがいい!』と決めたものです。

で、行ってみると
両親もヨックモックを買って待っていてくれました。

しかも
『シガール』と『チョコサンド』も一緒。
結局交換して貰って帰って来ました(笑)

初めてヨックモックを食べた日のことを覚えています。

父の転勤で横浜から東北に引っ越しをしてしばらくした頃
三越の包装紙に包まれた『ヨックモック』が贈られてきました。

ブルーの缶に金色の模様が美しく
まさに『都会のお菓子!!』
秋なのに冬の訪れを肌で感じて12歳の私は横浜が恋しく
センチメンタルになっていました。
そこへ発売間もないヨックモックです、
バターの香り、サクッとした食感、美しいシガールのカタチ。

横浜に帰りたい、という気持ちを胸に
『美味しい、美味しい』と食べながら涙が止まりませんでした。

40年近く前はそのくらい都会と地方のちがいがあったのです。

d0160783_15385358.jpg
確かこのエアマットも画期的だったんじゃないかな。
弟と争ってプチプチしてました。
by katie1121 | 2010-08-09 15:50 | Comments(2)
Commented by monami-blog at 2010-08-09 21:43
ヨックモック、まさに定番中の定番ですよね!!
先日、偶然友人と「ヨックモックの繊細な良さは日本人しかわからない。
アメリカだったら、この筒のなかにチョコクリームか何か詰めちゃうよね?」という話をしていたところ(笑)
Katieさんの少女時代のちょっとせつない思い出を読んだら、私も青山本店に初めて入り大人になった気分を味わったことを思い出しました。
Commented by katie1121 at 2010-08-13 15:31
コメント、ありがとうございます。
青山本店の高いケーキと初めて注文してみたハーブティ。
味わうよりあの空気感に緊張してました。
娘たちにとってのそんなお菓子とか場所ってあるのかしらね。
<< 8月15日に思う 高橋雅子先生のワンデイレッスン... >>