ブログトップ

Katieのしあわせレシピ

katie1121.exblog.jp

<   2017年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

アクアサンタの暮らし マンマのごはん

d0160783_22303716.jpg
アクアサンタのマンマ、
アントネッラは
ナチュラリスト。
d0160783_22314105.jpg
自分の畑で採れた
おやさいと
BIOの粉で
なんでも作ってくれます。
d0160783_22323564.jpg
今夜は
ラビオリ。
d0160783_22332728.jpg
中身は
おやさい。
d0160783_22352039.jpg
d0160783_22355454.jpg
d0160783_22390507.jpg
いくらでも
食べられてしまう
おいしいごはん。

そしてなにも
無駄にしない
マンマの知恵。

豊かな暮らしを
体験しています。


↑↑ランキングに参加しています。

ポチっとクリックしていただけるとうれしいです。
いつもありがとうございます。

by katie1121 | 2017-10-31 22:41 | イタリア | Comments(0)

アクアサンタの暮らし

d0160783_22590167.jpg
サフランが咲いています。
d0160783_22594322.jpg
紫色の
かわいいお花で
中のめしべを
収穫します。
d0160783_23011421.jpg
めしべをとった
お花に願いをこめて
空に投げます。
d0160783_23024645.jpg
BOUNA VITA!


↑↑ランキングに参加しています。

ポチっとクリックしていただけるとうれしいです。
いつもありがとうございます。

by katie1121 | 2017-10-30 23:04 | 料理 | Comments(0)

イタリア、アクアサンタの日々

d0160783_16305771.jpg

イタリア、中部にある
ウンブリア州、
アクアサンタにきています。
d0160783_16305838.jpg

WIFIも通じない
山の上の石の家。
d0160783_16305801.jpg

聖なる水、という
地名のごとく
水が湧き出ています。
d0160783_16305910.jpg

毎日、
ここのマンマ、
アントネッラから
お料理も教えてもらう毎日。
d0160783_16305913.jpg

2週間弱ですが
そんな日々を
綴りたいと思います。

WIFI環境が悪く
持参したWIFIも
通じないくらいな場所ですが
お楽しみに。
by katie1121 | 2017-10-30 16:08 | Comments(0)

自然栽培料理家のチカラ vol2

しなきゃりに掲載していただいた
自然栽培料理家のチカラ vol2です。

<自然然栽培料理家とはどんな仕事?>

お料理教室、イベント、セミナーが現在の主な仕事です。
試作はしないので、その日のお野菜をみてレシピを書いていきます。イベントはテーマによってイメージをし、エンターテイメント性を持たせるようにしていますが、あくまでもナチュラルに。

写真⑦溝口さんお野菜1

ナチュラル&エンターテイメント 食事をするのが楽しくなる目でも楽しめるプレート

ナチュラル&エンターテイメント 食事をするのが楽しくなる目でも楽しめるプレート

.

<仕事のやりがいや面白みはどんなことですか?>

「〇〇さんのナスが出てきた」「□□さんの春菊は絶品だよね」って生産者さんのお名前をつけて呼ぶことがよくあります。畑にお邪魔することもあるし、今年はお手伝いにも行かせていただいています。種を蒔くときは、こんなにも緊張するのか、というくらいドキドキで、発芽して土を持ち上げた小さな芽を見たときには、もう愛おしくて仕方ないんです。

オリーブオイルの生産者さんに会うために、イタリアの食材を輸入販売しているアサクラさんの生産者ツアーに参加もしました。イタリアでも自然栽培でオリーブや、チェチ(ひよこ豆)、古代小麦、トマトを自然栽培で作っている農家さんたちがいらっしゃるんです。日本でもイタリアでも、そんな生産者さんたちと繋がれるのはとっても楽しいですね。応援したくなるし、ますますみなさんに伝えたいと思います。

自然栽培の農家さんに、「どうしてこういう農法を始めたの?」って聞くと、「家族のため」とか「おいしいから」とかいろいろだけど、みなさんが必ず言うのが「大地を汚したくないから」「地球のために」って答えてくれます。そんな愛にあふれた方たちのお野菜やオイル、お豆をいただけるって素晴らしいでしょ。お料理というツールを通して伝えているけど、人との出会い、自然栽培の輪が広がっていく様を感じられるのがやりがいであり、面白いところです。

. .

<一番大変だった経験はどんなことですか?>

自分がやりたい、と思ったことを仕事としているので、大変だったという記憶はないです。強いて言えば、「娘たちのために食を大事にしよう」と料理の道に入ったのに、自然栽培に切り替えたころ説明しすぎて、娘たちに受け入れてもらえなかったことでしょうか。

ファミレスにも行っていたし、近所のスーパーで買い物もしていたのに、気がついたら家の中からジャンクなものが消えて、お野菜中心の食事に変わっていたのですから無理もありません。高校生や大学生になっていたので「押し付けがましいのは嫌だ」と言われました。

子どもが外で食べるものにまで口出しはしませんでした。外食を制限することで、友達との関係性が崩れてしまってはいけないし、そもそもそんなことは無理だし、「はい」っていうことを聞くわけもないのでね。ただ、コンビニのお菓子やジュースを見かけるたびに複雑な気持ちにはなりましたね。

. .

<逆に一番うれしかった経験は?>

そうやって、反発心みたいなものを持っていた娘が、仕事に就き、一人暮らしをするようになってから、ハードで不規則な生活の中で「お母さんが使ってる、あのちゃんとしたオリーブオイルを送って」「自然栽培のお米やお味噌、はちみつを送って」というようになったのです。今では「洗濯の洗剤は何がいいの?」とか「お鍋は?」と食べ物以外のことにまで意識を向けるようになったようです。

近くにいた時は拒否さえしていた娘が、自分の生活を通して実感してくれた―「いいでしょ、いいでしょ」と私が一生懸命伝えれば伝えるほど反発していた娘のその言葉は、一番届いてほしい人に自分の思いが届いていたことを実感できた嬉しい瞬間でした。

娘さんに自然栽培の良さが伝わったことをお話しくださった時の溝口さん。それまで、力強く自然栽培の良さをお話しくださっていたのに、一瞬お母さんの表情に。

娘さんに自然栽培の良さが伝わったことをお話しくださった時の溝口さん。それまで、力強く自然栽培の良さをお話しくださっていたのに、一瞬お母さんの表情に。

,. .
<自然栽培料理家の未来はどうなっていくと思いますか?>

単純に明るい未来。美味しいですもの。世の中、食や健康への関心は高いです。でも自然栽培という言葉さえ、知っている方はまだまだ少ない。農産物の0.1%なのだから仕方ないけれど、出会ったら、一度その良さを知ったら、食材だけでなくライフスタイルを切り替える人もたくさんいて、元に戻れなくなるのが自然栽培でもあります。

私自身の活動としては、これからはお野菜だけでなく、フェアトレード、オーガニックコーヒーやオーガニックチーズ、蜂蜜、ニホンミツバチの蜂養など視野を広げて、いろいろな分野の方たちとコラボすることで自然栽培を広げていきます。

オリンピックの時には世界中から集まった選手のみなさんに日本発の「ザ・自然栽培のごはん」を食べてもらいたいですね。そして将来的には、お料理だけでなく生活まるごと自然に触れられるような場所を作りたい。海が見えるところに畑のあるアトリエを作り、人が泊まれるような場所を作りたいのです。自然栽培の食事だけでなく、オーガニックコットンのタオルや寝具にヘンプの室内着をまとい、夕方になったら、ろうそくを立て、夜もブレーカーを落とし、電磁波を浴びない、星空を見ながらお風呂に入られるような、そんな場所があったらいいなあって。そういう場所があちこちにできるような気がします。

. .

<今の仕事と同じように向いていそうな仕事はありますか?>

ミュージシャンとかダンサーとか。
個人のスキルを上げながら、みんなが集まったときに何倍ものエネルギーを発して、誰かの心に響くから。


最後までお読みくださり

ありがとうございました。


これからも

食べておいしく

大地にやさしい

自然栽培のおやさいが

もっと多くの方のテーブルに

届きますように。  

. .


↑↑ランキングに参加しています。

ポチっとクリックしていただけるとうれしいです。
いつもありがとうございます。

by katie1121 | 2017-10-28 05:39 | 料理 | Comments(0)

自然栽培料理家のチカラ

しなきゃりというサイトの取材を受けました。
とっても素敵にご紹介くださったので
2回に分けて掲載させていただきます。

TEXT : 舛廣 純子

写真①溝口さんプロフィール

教えてくれた人
溝口 恵子(みぞぐち けいこ) 自然栽培料理家

神奈川県横浜市出身。バブル期に博覧会や、イベント、音楽制作に携わる。長女が誕生後、すぐに手術をしたことで、仕事を辞めて育児に専念。そこから食に対する関心が一気に高まり、大手パン教室に通い講師の資格を取得して1996年、自宅にてパンとデリの教室『Katie’s Style』をオープン。小さなキッチンから始まった取り組みは、自然栽培という自然の恵み溢れる食べものの本質を伝え、自然と調和した生き方の素晴らしさをより多くの人に伝える活動に進化。現在は予約が数か月待ちの料理教室の他、オーガニックな仲間とのイベントやセミナー講師などを中心に活動中。
ホームページ: http://katiesstyle.com/
ブログ: Katieのしあわせレシピ

※自然栽培とは:本来土が持っている力を生かし、化学肥料だけでなく有機質肥料も含め、余分な栄養、農薬を与えず、太陽・水・土の力だけで栽培する農法。自然栽培は農産物のわずか0.1%です。

.
.

<自然栽培料理家にとって大切な能力はなんですか?>
.

1. 自分も自然の一部と捉え、自然を愛するチカラ 俯瞰力 思考力 感謝力

農薬や肥料を一切使わない、自然のままの自然栽培の素晴らしさを伝えていくためには、何より、自分も自然の中の一部、一動物であることを俯瞰して捉えられることが大事だと思っています。そうすれば、おのずと自然を尊重し、感謝するようになっていきますよね。

また、世の中は健康というものに対しても情報が溢れかえっていますが、一方的なメディアの情報に対しても、一歩引いて疑うこと、自分で考えてみることも大事だなと思います。店頭にあるカット野菜や何日も痛まないお惣菜はどうしてって考える視点を持つことも大切だと思います。お野菜もお肉やお魚も生きている命。私たちはその命をいただいています。自然を畏敬する気持ちを持ち、自然のありがたさを共有していきたいですね。

.

2. 味覚に対しての素直さと食材の頂点を見極めるチカラ 素直さ 感受性 観察力

自然栽培で育ったお野菜のおいしさを伝えるのが私の仕事です。野菜は玉ねぎ一つとってみても、産地や栽培方法、品種の違いなどみんな違います。だからレッスンのレシピには、大さじいくつとか何分といった数字は載せていません。数字を追っても同じものはできないから。自分の感覚を尊重し、素材に対してセンシティブかつ素直でありたいと思っています。調理をしているとその食材のおいしさの頂点というのがあるんです。玉ねぎを炒めていて、今この味が一番おいしい、というタイミング。それってお野菜自体が今だよって教えてくれるんです。毎回違うから楽しいです。

3. クリエイティビティ  創造性

シングルの時にファッションや音楽の世界にいたので、クリエイターでもありたいと思っているんです。山も海も、畑のど真ん中に立ってまわりを見渡すのも本当に美しい。だからお皿の中にその美しい自然を表現したいんです。できる限り自然栽培のお野菜に特化したいと思っているので差し色に使いたいビーツは自然栽培のものが出た時にまとめて買って火をとおして冷凍庫に保存することも。盛り付ける時に意識することは『自然』と『あるがままに』。これ以上ない素材の良さを人に伝えるには見た目の美しさも大事だなと思っています。

.
写真②溝口さんお野菜2
写真③口さんお野菜3

「わ~」思わずその美しさに感嘆の声。愛する自然の畑を再現。

「わ~」思わずその美しさに感嘆の声。愛する自然の畑を再現。


.
<なぜ自然栽培料理家になったのですか?>
.

バブルといわれた時代にファッションや博覧会、イベントなどを手掛ける制作会社で昼夜構わずに仕事をし、外食三昧の日々を送っていました。お昼ごはんはデスクに並べたサプリの錠剤を端から飲む、なんていうことがちょっと格好良かった時代でもありました。表参道に住み、仕事も順調でしたが、結婚して出産し、生まれてきた長女が生後5日目に手術をしたことで育児に専念することを決めました。そして娘に初めて離乳食を作り、口元に運んだ時に、「この食べ物がこの子を大きくしていくんだ」と背中に電流が走ったのです。食に対しての関心を一気に高めたきっかけです。「パンも手作りできたら」とお教室に通い、1996年、自宅にてパンとデリの小さなお教室『Katie’s Style』を始めました。

食材はできるだけいいものを、と厳選していたのがオーガニック。そのころはJASマークがオーガニック、有機栽培は安全だと信じていました。ある時『野菜の裏側』という本に出会い「有機野菜が危ない」という言葉に衝撃を受けました。有機栽培では有機肥料を使っているのですが、ではそもそも有機肥料とは何か、というところまで考えたこともなかったから。

その本を執筆されたナチュラルハーモニーの河名秀郎さんのセミナーに通い、自然栽培のこと、種のこと、天然菌のこと、衣料、住居にいたるまで自然がいかに大切か、心地いいかを学びました。少しずつ食材を変えていくと、体の中に入っていく感覚や味が全然違って、もうそれまでのものに変えることができなくなっていきました。そして、調味料も野菜もすべて自然栽培のものに切り替え石鹸やシャンプー、リンス、化粧水や日焼け止めさえも使わない生活に。すると、体調だけでなく、考え方、ものの受け止め方、娘たちとの関係、行動と色々なものが変わり、幸福感を強く感じるようになりました。体臭もしなくなり、心地よく日々生活できるようになったのを実感したのです。

そしてこの自然栽培というものを料理家として伝えていきたいと強く思うようになりました。国内やイタリアの自然栽培の農家の方とも知り合うようになり、生産者の人たちの消費者や地球への思いや努力を知るにつれ、「自然と生産者の方と消費者をつなぐことをしたいな」と思うようになったのです。

作る人がいて、売る人がいて、消費する人がいて、三位一体になっているわけですが、私は料理家として、この作る人と消費者を結ぶ役割、売る人と消費者を結ぶ役割になり、料理を通して、皆さんに自然栽培の素晴らしさをお伝えすることは仕事であり、ライフワークです

お母さん向けに「おやさいはじめ」という講座も開催しています。そうするとね、ニンジンを食べなかった2歳児が自分から「おいしい~」って手掴みでむしゃむしゃ食べるんです。それを見てお母さんたちも「自然栽培ってやっぱり違うんだな」ということを理解されるわけです。

自然栽培のお野菜で作るシンプルでおいしいお料理を一人でも多くの方に知ってもらいたい、そう思って敢えて「自然栽培の料理家」と名乗っています。


つづく


↑↑ランキングに参加しています。

ポチっとクリックしていただけるとうれしいです。
いつもありがとうございます。



by katie1121 | 2017-10-27 03:56 | 料理 | Comments(0)

エダマメ再び。

d0160783_00274771.jpg
この季節、
自然栽培の
エダマメ、、再び。
d0160783_00282832.jpg
スパイスをミックスして
やめられない、
止まらないな
ジャンク風エダマメに。
d0160783_00364583.jpg
さらに
少し茹でて
その茹で汁ごと
ペーストにも
しました。
d0160783_00385414.jpg
もう最後かなあと
思いながら
いつも
ありがたく
いただいています。


↑↑ランキングに参加しています。

ポチっとクリックしていただけるとうれしいです。
いつもありがとうございます。

by katie1121 | 2017-10-26 05:36 | 料理 | Comments(0)

カポナータごはんとベジのプレート

d0160783_00123008.jpg
カポナータごはんと
ベジのプレート。
d0160783_00130963.jpg
カポナータは
オニオン、かぼちゃ、
チェチの水煮と
トマトのパッサータ。
d0160783_00142640.jpg
まこもだけは
カットしたのと
皮つきのままホールごと
オーブン焼きを。
d0160783_00153806.jpg
かぶのスープに
かぶのクリームも
大人気!


↑↑ランキングに参加しています。

ポチっとクリックしていただけるとうれしいです。
いつもありがとうございます。

by katie1121 | 2017-10-25 05:39 | 料理 | Comments(0)

柿仕事

d0160783_14150635.jpg
渋柿をいただいたので
d0160783_14160507.jpg
干し柿に。
少し生な感じが
とってもおいしいです!
d0160783_14193587.jpg
こちらは
柿酢に。
d0160783_14202833.jpg
甘い柿は
シャーベットにするために
丸ごと冷凍しました。

それぞれ
楽しみです。


↑↑ランキングに参加しています。

ポチっとクリックしていただけるとうれしいです。
いつもありがとうございます。

by katie1121 | 2017-10-24 14:22 | 料理 | Comments(0)

かぶのクリームとかぶのスープ

d0160783_10553717.jpg
パンにあわせて
自然栽培の
ランチプレート。
d0160783_10575027.jpg
かぶがいっぱい
届いたので
クリームと
d0160783_10583998.jpg
スープにしました。

少しのタマネギと
シオだけで
こんなに
コクのあるおいしいスープに
なるのかって
みなさんビックリ。
d0160783_11022406.jpg
名残のおやさいも
こうしたら
美味しくいただけます。
d0160783_11035487.jpg
こちらは
今だけ、
旬の短い
まこもだけ。

感謝して
たくさんいただきましょ。


↑↑ランキングに参加しています。

ポチっとクリックしていただけるとうれしいです。
いつもありがとうございます。

by katie1121 | 2017-10-22 05:39 | 料理 | Comments(0)

さつまいものセサミブレッド

d0160783_10314705.jpg
さつまいものセサミブレッド。
d0160783_10334921.jpg
自然栽培の金ゴマ入りの生地に
蒸したさつまいも。
d0160783_10325317.jpg
d0160783_10365902.jpg
たっぷりでしょ。
d0160783_10380123.jpg
katie's styleの
おやさいパンは
やさいをいただくパンですから。
d0160783_10390300.jpg
ゴマの香りと
さつまいも。

これは
お食事パンです。

これから
さつまいもが
ますます美味しくなる季節。

是非お試しあれ。

↑↑ランキングに参加しています。

ポチっとクリックしていただけるとうれしいです。
いつもありがとうございます。

by katie1121 | 2017-10-21 10:42 | パン | Comments(2)